コムアイの夫・太田光海の学歴がすごい!5カ国語がペラペラの超インテリ

「水曜日のカンパネラ」元ボーカルのコムアイさんがアマゾンで出産予定であることが話題となっています。
そしてパートナーの太田光海(おおたあきみ)さんにも注目が集まっていますが、一体どんな方なのでしょうか。

今回は、

  • 太田光海はどんな人?
  • 太田光海の学歴・経歴がすごい!
  • 太田光海は5ヶ国語がペラペラって本当?
  • 太田光海とコムアイのアマゾン出産計画の最新情報

を調査しました。
とにかくすごい人だということがわかりましたので、最後まで見てくださいね。

目次

太田光海はどんな人?映像作家で文化人類科学者

太田光海さんのプロフィールはこちらです。

  • 名前:太田光海(おおた あきみ)
  • 生年月日:1989年10月2日(2023年5月現在 33歳)
  • 出身地:東京都
  • 職業:映像作家、文化人類科学者

<文化人類学とは?>
世界の多様な社会と文化、思想をフィールドワークと民族誌、史資料にもとづいて精緻に理解するとともに、人類史的な比較の視点から、人間の本質の解明をめざす学問

初監督作品『カナルタ 螺旋状の夢』は、アマゾンの熱帯雨林の村に太田光海さんが一人で1年間滞在し、その成果を映像作品としたもので、2021年に公開されました。
イタリアのフィレンツェ映画祭やアメリカのニューヨーク映画祭で最優秀長編ドキュメンタリー賞を受賞するなど、世界各地で数々の賞を受賞し、気鋭の映像作家・文化人類学者として注目されています。

映画を紹介するサイトではこのように紹介されていました。

映画界に突如現れた新星にして異端児は、5ヶ国語以上を自在に操る圧倒的な語学センスと異文化に溶け込む類稀な適応力、そして既存の枠にとらわれない自由な映像術を併せ持つ。

引用:シアター・イメージフォーラム

またプライベートでは「水曜日のカンパネラ」の元ボーカル、コムアイさんのパートナーであり、2023年3月、コムアイさんの妊娠報告にてお腹の子供の父親であることを公表しました。
そして「胎児との旅」を映画化するために、お二人がアマゾン先住民の村での出産を計画していることが話題になっています。

太田光海の学歴・経歴がすごい!



そんな太田光海さんの学歴は、

  • 東京都立青山高校
  • 神戸大学国際文化学部
  • (フランス)パリ社会科学高等研究院にて人類学修士課程取得
  • (イギリス)マンチェスター大学グラナダ映像人類学センターにて「映像人類学」の博士号取得

であることがわかりました。

幼い頃から、「異文化」というものに興味があったという太田さん。

小学校に入学してからも周りの子どもたちと同じものに興味が持てず、「アキミくんは変だ」とよく言われていたそうです。

そして中学校の頃から漠然と「外の世界についてもっと知りたい」と考えて、2005年(当時高校1年生)から1年間、交換留学生としてオランダ留学したそうです。その結果、「打って変わって活発な少年になった」といいます。

オランダでの経験は、一言で言えば僕の人生の方向性を根本的に変えるほど大きなインパクトだった。それはまるでこの世界にもう一度生まれ直したような体験で、今の自分のベースを作った。

引用:本人note


帰国してから、またなかなか日本の高校になじめなかったそうですが、神戸大学に入学し、今度はパリに交換留学生として1年留学。写真の面白さに目覚めました。
そして、その間に日本で起きた3.11の東日本大震災は、その後の人生観に大きな影響を与えたそうです。

神戸大学卒業後、またパリに渡り、社会科学高等研究院(EHESS)という、社会科学分野でフランス最高峰と言われる学校に入学した太田さん。研究に食らいつく孤独な生活の中で、映画に没入していったといいます。そして合間に共同通信パリ支局で、カメラマン兼記者としても活動していたそうです。

その後、イギリスのマンチェスター大学院に入学。映像人類学部の博士課程の研究の一環として「アマゾンで映画を撮る」ことを決めた太田さんは、南米エクアドルに向かいます。
そして、一人でアマゾン熱帯雨林に飛び込み、かつて「首狩り族」として恐れられていたシュアール族と呼ばれる人々の村に1年間住み込んで映像を撮影。これがのちに初監督作品『カナルタ 螺旋状の夢』となります。


マンチェスター大学院で博士号を取得したあと、ヨーロッパに残って、映像への道を進むつもりでしたが、コロナ禍で帰国を決意して、およそ10年ぶりに日本での生活に戻ったそうです。

学歴ももちろんすごいですが、何より世界各地を渡り歩く行動力と適応力が素晴らしいですね!

太田光海は5ヶ国語がペラペラって本当?

そんな太田光海さん、なんと、

  • 日本語
  • 英語
  • オランダ語
  • フランス語
  • スペイン語

の5ヶ国語がネイティブレベルなんだそうです。すごすぎますね・・!

ご本人も以下のように語っています。

僕は帰国子女ではなく、外国語は完全に第二言語として身につけましたが、それでも浮き沈みはありつつ英語、フランス語、スペイン語でネイティブスピーカーの人たちと対等に話したり、学会で発表できるレベルを維持しています。

引用:本人note

またオランダ語も、高校生の時に1年間オランダ留学していた際に習得したと思われます。

オランダでは、英語に加えてドイツ語とフランス語も必修だったそう。多言語を自在に操るオランダの同級生達を見ながら、「このままではまずいという危機感を強烈に覚えた」といいます。

その後のパリ留学でフランス語を習得、そして博士号取得を目指してイギリスの大学院へ行くために英語を磨いたそうです。
さらにその後、アマゾンでの撮影のために南米のエクアドルに渡り、現地のスペイン語を習得したようです。


学問を極める中で、その手段としての言語を習得していったのですね!

太田光海とコムアイのアマゾン出産計画の最新情報

今回、アマゾンでの出産計画が話題となった際には、「母子ともにリスクある選択だ」と否定的な意見も多く出ました。

本人たちも、「女性芸能人がヤバいやつに洗脳される」という見方をされてしまうだろうな、と考えたそう。

しかし、「現地で身体がなじまなかったり、そこで産むのが不安だと感じたりしたら、柔軟に予定を変更するつもり」であり、その考えが核となっているそうです。

俺らが重視しているのは、今みんなから称賛されることではなく、考えるきっかけを与えること、歴史に痕跡を残すことだ。こういうことを考え、やろうとした人もいる、だからもっと自由になっていい、柔軟に発想していい、違いを認めあって良い、そういうメッセージを残すことだ。つまらない短絡的思考でそもそも生きていない。

引用:本人note

アマゾンでの出産は、太田光海さんの人生観が現れているものなのですね!

目次