ドレミドーと聞こえるiphoneCMは何と言ってる?英語の意味も

ドレミドーと聞こえるiphone15のCMが気になる方が多いようです。

写真を消そうとすると、写真の中の人たちが「私を捨てないで」と次々に喋り出すのが印象的ですよね!

ドレミドー」と聞こえる部分は実際英語で何と言っているのか原曲や和訳どういう意味なのか、詳しくご紹介します!

▼こちらも話題です。

目次

結論から言うと、ドレミドーと聞こえるiphoneのCMは、英語で”Don’t let me go“と言っています。

男性がiphoneの写真フォルダの写真を消そうとすると、写真の中の人物たちが次々と”Don’t let me go”と喋り出します。

この”Don’t let me go”をカタカナ読みすると「ドンットレットミーゴー」、これが「ドレミドー」に聞こえる人が多かったということですね!

ドレミドーと聞こえるiphoneのCMの曲名は「Don’t Let Go」

ドレミドーと聞こえるiphoneのCMの曲は、Terrace Martin「Don’t Let Go」をアレンジしたものです。

こちらがその原曲です。

Terrace Martin「Don’t Let Go」

CMの曲は確かにこの曲と思われるのですが、歌詞が“Dont’t let go”を繰り返しているんですよね。

今回のiphoneのCMではこの部分が“Don’t let me go”となっていたので、若干アレンジしたのではないかと思われます。

iphoneCMの和訳全文

iphoneのCMにおける字幕の和訳はこちら。

私を捨てないで

やめて

捨てないで

やめて

私を捨てないで

いやだ、捨てないで

私を捨てないで

一生、捨てないで

とにかく「捨てないで」と怖いくらい強調されています!笑

ところで、”Don’t let me go”がなぜ「捨てないで」になるの?と思う方もいますよね。意味を見ていきましょう。

Don’t let me goの意味は、直訳すると「私を行かせないで」です。

”Let me go”を直訳すると「私を行かせて」という意味ですね。

“Don’t let me go”はその否定形なので、「私を行かせないで」、つまり「離さないで」「つかまえていて」などの意味になり、恋愛シーンなどでよく使われる言葉のようです。

これが今回のiphoneのCMでは、「捨てないで」と意訳されていたということになりますね。

最後には結局「あふれる思い出に余裕のストレージ」、「大丈夫、iphone15なら」ということで、

無事に捨てられずに済んだということになります。

いや、普通にちょっと失敗した写真は捨ててもいいと思うけど… 
と思うのは私だけ?笑

ところでこのCM、「ドレミドのCM」とXで投稿している人も多数いましたので、どんな声があるのかご紹介します。

Xでは、「ドレミドのCM」と認識している人が多数いました。

iPhone15の写真を捨てないで〜って写真の中の人が歌ってるCM、『ドレミド〜』にしか聞こえない。

ドレミド〜の歌かと思ってたら『私を捨てないで』っていう洋楽だった
空耳やばい

など、やはり「ドレミド〜」と聞こえた人が多いようです。

そして、「不快」「嫌い」という声も…。

iPhoneのCMで音程外してずっとドレミド言ってるの気持ち悪い。不快

ドレミド〜の広告もうやめてほしい 流されすぎると嫌いになる、てかもう印象悪い

英語なんだろうけど
ドレミド〜って広告まじで耳に残るんだけどオブラートに包まず言うとあれ出ないで欲しい! やだ!笑笑笑笑

たしかに何度も「ドレミド」というのと、写真が喋るというのがちょっと不快に感じる方も多いようです。

印象に残っているという意味では、CMとしては効果はあるということなのかもしれませんね。

以上、「ドレミドー」と聞こえるiphoneCMは何と言ってるか、原曲、英語の意味もご紹介しました。

  • ドレミドーは”Don’t let me go
  • 原曲はTerrace Martin「Don’t Let Go」
  • 字幕の和訳では「私を捨てないで」とされている
  • 直訳すると「私を行かせないで」という意味
  • ドレミドにしか聞こえない、不快といった声があがっている

ある意味とても印象に残るCMですね!

▼こちらも話題です。

目次