渚恋生の旧芸名は桜月のあ!宝塚時代の活動・画像・評判まとめ!

セクシー女優としてのデビューが話題の渚恋生(なぎさこいき)さん。

元「大物芸能人」とのことですが、旧芸名評判が気になりますね。

結論から言うと、渚恋生さんの旧芸名は「桜月のあ(おうづきのあ)」さんで、宝塚で活動していたことがわかっています。

そこで、渚恋生さんの旧芸名「桜月のあ」さんとしての活動評判、当時の画像についてまとめました。

目次

渚恋生の旧芸名は「桜月のあ」で宝塚女優だった

セクシー女優としてのデビューが話題の渚恋生(なぎさこいき)さん。

元大物芸能人」との紹介に、「で、誰?」「元アイドル?」などと気になる方も多いでしょう。

結論から言うと、「元宝塚女優桜月のあ」さんです。

判明していることはこちら!

  • 渚恋生さんの旧芸名は「桜月のあ(おうづきのあ)
  • 宝塚の娘役として6年間活動していた
  • 主役をやるほどの活躍はなくひっそりと退団
  • 宝塚時代の画像からすぐにネットで前世が特定された

いろいろと気になる点が多いですね。順番に見ていきましょう!

渚恋生の旧芸名「桜月のあ」時代の活動・画像・評判まとめ

旧芸名「桜月のあ」時代の活動:宝塚で6年間娘役

渚恋生さんは、旧芸名「桜月のあ」として宝塚で活動されていました。

旧芸名「桜月のあ」時代のまとめはこちら。

  • 2014年(16歳):宝塚音楽学校に入学
  • 2016年(18歳):宝塚歌劇団に第102期生として入団。花組の娘役として活躍
  • 2022年(24歳):退団し、アパレルショップ店員として活動。インスタグラムも開始
  • 2023年6月ごろ:インスタグラム削除

桜月のあさんの宝塚での活動は2016年から2022年の6年間ということになります。

退団時も大階段で見送られることもなく、ひっそりと退団されたようです。

また退団後にアパレルショップ店員となり、インスタグラムも開始されていたようですが、現在は削除されています。

旧芸名「桜月のあ」時代の画像:素顔は今と同じ

渚恋生さんの旧芸名「桜月のあ」さんの画像は、現在とほとんど変わっていないように見えます。

こちらが舞台での桜月のあさんの画像です。

メイクをしている画像を見ると、渚恋生さんが本当に旧芸名「桜月のあ」として宝塚で活動されていたことがわかりますね!

素顔も、笑顔がかわいいです!

渚恋生さんの画像と並べたものがこちら。

左:桜月のあさん 右:渚恋生さん

疑いようもなく、同じ顔ですね!

宝塚音楽学校時代の画像なども見たい方はこちらをご覧ください。

名前を変えてプロフィールもぼかしていますが、顔ですぐ前世がばれてしまったようですね。

旧芸名「桜月のあ」時代の評判:あまり印象が強くなかった

桜月のあ

渚恋生さんの旧芸名「桜月のあ」時代の評判は、「脇役が多く、あまり印象が強くはなかった」ようです。

桜月のあさんの主な出演作を調べたところ、こちらが出てきました。

  • 2016年初舞台「こうもり …こうもり博士の愉快な復讐劇…/THE ENTERTAINER!」(星組公演)
  • 2019年「花より男子」:さくら【女子生徒(WEB新聞部員)】役
  • 2021年「銀ちゃんの恋」:「小夏の付き人」役
  • 2022年「TOPHAT」:ヴィクトリア(一幕)

たしかにどれも主役ではないようだけど…

また、宝塚では音楽学校を卒業する時に、同期生の中で成績が何番だったかが発表されるそうですが、桜月のあさんは102期生の39人中36位だったそうです。

さらに宝塚ファンによる桜月のあさんの印象としては、

あまり有名ではなかったです

芦屋出身のはずで、ファン用のチケット封筒が入団1年2年目の頃から既に豪華でお金かけているのが分かるものでした。有名なお金持ちという印象

花組ファンじゃないと知らないと思います

といった声がありました。(知恵袋の回答より)

芦屋出身のお嬢様」という印象を持つ方が多かったようですね。

出身や趣味などのプロフィールにご興味のある方はこちらをご覧ください。

ショッピングが好きということで、おしゃれな私服姿に「かわいい」という声もたくさんあったようですよ。

旧芸名「桜月のあ」の名前の由来は尊敬している人から

渚恋生さんの旧芸名「桜月のあ」の名前の由来は、「尊敬している人の名前から一字もらった」そうです。

渚恋生さんの旧芸名「桜月のあ」(おうづきのあ)は印象に残る可愛らしいお名前ですよね!

こちらは宝塚音楽学校時代に本人が考えて希望を提出するものだそうです。

宝塚での芸名は、

  • 好きな字や言葉を入れて
  • 尊敬する人の芸名をもじって
  • 本名の一文字を入れて

といった由来で決める人が多く、「本名」や「先輩と被っている」などの理由がなければ採用されるようですよ。

一方、

現在の芸名「渚恋生」の名前の由来は不明です。

渚恋生」(なぎさこいき)というお名前、かなり珍しく、読み方が難しいですよね!

おそらく宝塚時代と同じように悩んで決められたのでしょう。

由来は不明ですが、旧芸名とまったく違う名前にされており、何か意味が込められているかもしれませんね。

まとめ:渚恋生の旧芸名は「桜月のあ」で宝塚女優だった

以上、渚恋生さんの旧芸名は「桜月のあ(おうづきのあ)」さんで、宝塚の女優時代の活動・画像・評判についてご紹介しました。

  • 渚恋生さんの旧芸名は「桜月のあ」(おうづきのあ)
  • 活動宝塚で花組の娘役として6年間活動
  • 画像:当時も今も同じ顔に見え、すぐに前世が特定されてしまった
  • 評判:主役級の役はなく、ファンからもあまり印象は強くなかった
  • 旧芸名の由来は尊敬する人から一字もらったものだが、新芸名の由来は不明

このようなことがわかりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

目次